本文

『食いしばり』をやめれば不調はよくなる!

2017年11月新刊発売!

2017年11月に待望の新刊が発売されました!
「食いしばり」をなくせば頭痛・肩こり・顎関節症はよくなる!

よしもと芸人の兵動大樹さんも推薦!
「先生が食いしばりから僕を解放してくれました。人生が変わったかと思うぐらい寝起きが爽快になりました。今後はその幸せをかみしめています。」
>> 兵動さんの動画はコチラからご覧になれます
※1月末までに来院された方にもれなく著書をプレゼント中!
キーワード「食いしばり」とお伝えください。


新刊の内容について

電子書籍の販売を開始しました

「食いしばり」をやめれば不調はよくなる!の電子書籍(Kindle版)が発売されました。

あなたのスマホやタブレットからお手軽にご覧いただくことができます。

しつこい肩こり・腰痛・頭痛の悩みを歯科医が解決できる理由が分かります。 >> Amazonから購入できます。

来院するのをためらっていらっしゃる方は、ご予約の前にぜひ私の著書をご覧ください

「食いしばり」をやめれば不調はよくなる!好評発売中

「これは絶対になんらかの病気だ」と思い、病院で検査をしたのに 『異常なし』と告げられ、落胆されているかたはおられませんか?

頭痛や腰痛・肩こりなど症状の名称があるものに始まり 息がしづらい、座っているのがしんどい、目の奥が痛いなど 不定愁訴(ふていしゅうそ)と呼ばれる “異常のみつからない不調”のあるかたは 無意識に行なっている“食いしばり”が原因です。

食いしばっているかどうかは 『舌の周囲に歯型が付いているか』をチェックしてみてください。

この舌に歯型がついている人は、おそらく睡眠中に食いしばっています。 眠っているときは、みなさん無意識に食いしばっていますので 普段、食事をしているときの3倍以上も力がかかっているのです。

この力が筋肉を緊張させることにより 『あちらこちらの痛み』や『何となくしんどい』といった症状をもたらします。

こういった症状は整体などの施術を受けても、 その時だけ少し良くなった気がするものの 根本的な原因に対処していないため、また同じ症状に戻るはずです。


『食いしばり』をやめれば不調はよくなる!

その根本原因となっている食いしばりの治療方法や ご自身で食いしばりを改善するためのセルフケアまでを できるだけわかりやすくまとめた本書は 当院へたずねてみようかと悩まれているかたや さまざまな事情がおありで来院できないかたにも 役立つ情報をたくさん掲載しております。

ホームページを見るより本を読む方が理解しやすいというかたは (書店ではお取りよせとなる場合が多いかと思いますので) amazonなどでご購入の上、ぜひご一読いただけましたら幸いです。


西村歯科 院長 西村育郎


[関連記事]


顎関節症治療の流れ

顎関節症治療の費用

お気軽にご相談ください

▼スマホの方はコチラをタッチして「発信」を押すと電話が掛かります▼