本文

『食いしばり』の症状について

食いしばりとは何ですか。

食いしばりに気が付かない人が大勢います。

歯と歯を非常に強い力でこすり付けたりかみしめたりすることをいいます。

「寝ている時、私は口を開いて寝ています。」という方がいます。

しかしすべての人が何らかのかたちで必ず食いしばっています。

頭痛、肩こり、腰痛、めまい、息苦しさ不眠、手足のしびれその他病院に行っても異常なしというありとあらゆる病気が食いしばりを止めれば解決します。

自分が食いしばっているかの判定

代用的なもの4つ上げると
  • 肩こり首筋がいつも凝っている
  • どこの病院へ行っても異常なし
  • 朝起きたら頭が痛い、身体がだるい、口が開きづらくて食事がしづらい。
  • 昼も眠くて良く熟睡できない。



食いしばりによる口腔内に現れる症状

食いしばることにより歯と歯にものすごい大きな力が加わりそれの代償が大きなコブとなって現れます。

当然食いしばらなくなるとコブは小さくなります。

コブがある人は食いしばっていると思ってください。


1写真のように舌に歯型がついています。

ものすごい力で舌を歯に押してついたものです。


下の歯がすり減って平らになっています。

これは歯ぎしりによってなったものです。


頬粘膜にスジが走っています。

寝ている時に力が入り形がつきました。


激しい歯ぎしりにより歯の根元が減ってきました。

この状態になると歯がしみやすくなります。


[関連記事]


顎関節症治療の流れ

顎関節症治療の費用

お気軽にご相談ください

▼スマホの方はコチラをタッチして「発信」を押すと電話が掛かります▼