本文

食いしばりの原因はストレス・歯並び・歯科金属等が考えられます

ストレスによる

仕事をやり始めたりした時に、
緊張してつい知らず知らずに強い力で食いしばることが多いようです。

歯並びによる


悪い歯並びでいると噛みあわせが悪い為にどうしても食いしばってしまうようです。

前歯の歯並びが良くない
反対咬合になっている


噛みあわせが低い為に下の歯が見えない
下の歯が3分の1見えるのが普通

噛みあわせが低い場合、
どうしても食いしばる傾向にあるため
噛みあわせを高くする必要があります


前歯が開いていて噛む位置が定まらない

奥の歯でしか噛んでいないので
どうしても食事は奥ばかりで噛んでしまいます
前歯はすいているため、噛めません

身体に悪い歯科金属


保険の金属はほとんどの人は身体に合いません
金属を取り除くだけで
一遍に楽になる方がいます
ドイツでは現在使われていません

日本では相変わらず使用されていますが
アレルギーの原因になり金属を外すことにより
アレルギーが劇的に良くなる人がいます

○印を除去するだけで改善しました



【before】


【after】

食いしばりによる歯の影響

  • 歯がよくしみて食事がしづらい
  • 歯の詰め物がよく取れる
  • 噛んだら歯が痛い歯医者に行っても異常なし
  • 歯が減っていてつるつるになっている
  • 良く歯が腫れる
  • よく口内炎が出来る

[関連記事]


顎関節症治療の流れ

顎関節症治療の費用

お気軽にご相談ください

▼スマホの方はコチラをタッチして「発信」を押すと電話が掛かります▼